今後どんな美容室が生き残る??

健康・美容

今後どんな美容室が生き残る??
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

3年後、生き残るサロンにするためには?

私の朝の日課なんですが、

ネットニュースはたいてい読んでいます。

流し読みですが、だいたいのことは
理解しておきたいので。


あと新聞も見ます。
記事もそうなんですが、ついつい

見てしまうのが、

週刊誌の見出し。


普段は全くと言っていいほど

週刊誌は見ません。


けど、新聞の広告欄にある

週刊誌の見出しはなんか見入ってしまいますね(笑)


それで、先日週刊誌の見出しで

「10年後生き残れる会社、消える会社、なくなる仕事」

みたいなことが書いてあって。


すごく興味深かったんで・・・





自分がいる美容業界に置き換えて

考えてみたんですね。



美容室は今完全なオーバーストア、

飽和状態です。

全国23万軒以上あり、コンビニの5倍の件数です。

歯医者さんの軒数よりも、郵便ポストの数よりも、

信号機の数よりも多い美容室。


昔は、「手に職を持てば、食うことに困らない!」

の代名詞であった美容師。


今は、「時間や収入の安定を感じられない将来への不安」で

美容師になりたいという人が減っています。



私なりの見解ですが、3年後(2020年)

「利益を残して生き残れる美容室」を

考えてみました。


1.「女性スタイリストのみで構成される美容室」

2.「女性おひとりさま美容室」

3.「別収入がある男性おひとりさま美容室」

4.「激安チェーン店」

これに当てはまる美容室だけが3年後も残ると思います!


ということは、

私たち夫婦のサロンは

どれにも当てはまらないんですよね(悲)


さあ、今から夫婦で作戦会議をせねば!!(笑)

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう