「サロンカラー ホームカラー 違い」をまとめてみた!

健康・美容

「サロンカラー ホームカラー 違い」をまとめてみた!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

美容室でカラーする場合とホームカラーの違いをまとめてみました。

○薬の種類、強さの違い

【市販】薬の強さが1種類のみ(強いものがほとんど)
【美容室】ブリーチ効果の強さも、強い~弱いものまで種類が多い

ブリーチ効果に大きな違いがあり、
市販のものは明るくしなくていい場所にも、同じ薬でトーンアップするため、
必要以上に髪を傷めてしまいがちです。


【市販】色の種類が少なく、仕上がり色の調整、判断が難しい
【美容室】色の種類も多く、混ぜて無数の色を作ることができる
美容室で染める場合は、好みの色に近づけやすくなります。


○染め方・後処理での大きな違い

【市販】根元も毛先も強い薬剤で染めるためダメージが大きい
【美容室】根元と毛先でカラー剤を使い分けダメージを減らすことができる

根元部分は強めのカラー剤、
すでに染まっている部分の毛先は弱いものでも染まるので
弱めのカラー剤で染めダメージを最低限にします。

【市販】カラー後のシャンプー、トリートメントでは薬が残りがち
【美容室】染めた後、「乳化」という作業で頭皮に残った薬をキレイに落とす
乳化とは薬を頭皮から浮き上がらせる作業のことで、頭皮のダメージを減らします。


○色落ち(褪色)のちがい
ヘアカラーは毎日のシャンプーや紫外線などによって、徐々に色落ちしていきます。

個人差によって落ちにくいカラーはありますが、
髪の内部に浸透した染料が、髪の内部にとどまらずに
外に流れ出てしまうために起こることが主な原因です。


【市販】褪色しやすい
【美容室】市販のものより褪色しにくい


つまり、サロンカラーとは、


髪質やダメージレベルに合わせた
薬剤設計及び必要な前処理+後処理をすることで
髪のダメージを最小限におさえることができるということです。

色の種類が豊富で好みのカラーに近づけやすく、
小顔効果や立体的に魅せるセクションカラーなど、
技術的な幅広い対応もできます。

ただ均一に塗布しただけではないのです。


プロにしてもらうとこんなに違いがあるのですね。


ただ、「安いから、、、」という理由だけで
ホームカラーを選ぶのは、問題ですね。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!