パーマで髪の色が変わるのですか?

健康・美容

パーマで髪の色が変わるのですか?
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カラーと一緒にパーマをかけてもらったら、

髪の色が自分のイメージと違った


というあなたへ





年々、いい薬剤が出てきて、

「傷みにくい、きしまない」とか、


美容室のメニューとして

「お得になります」、いうことで

同時にカラーとパーマをしている美容室もあるし、


同時にしたほうが、効率がよいと考える

お客様もいらっしゃるので


最終的には、お客様判断になりますが、



髪と頭皮のためには、

カラーとパーマを同時にしないのが理想です。



何よりも、髪へのダメージが大きいのは

おわかりいただいてると思います。


でも、もっと大切な理由があります。



それは、パーマ剤が

ヘアカラーの染料同士のつながりを

壊してしまって


せっかくのカラーが流れやすくなるからです。


カラーの退色(色落ち)の原因は

たくさんありますが、


サロンでの施術においては、パーマの影響が

とても大きいのです。




「じゃあ、パーマをかけるとせっかくのカラー

 が落ちるのなら、防ぐ方法はないの?」

と思われたあなた、




100%防ぐことはできませんが、

パーマでの色落ちを抑えることはできます。


大切なのは、


どんな薬剤を使うかと

パーマの施術方法です。


美容師の腕が問われるところですね。

髪は何歳から老化するの?

「肌年齢」があるように、髪にも年齢があります。


お肌は25歳がピークといわれますが、



髪は10歳をピークに老化していきます。


驚きですよね。



子どもの髪は、ただ洗っただけでもサラサラ、
ツヤツヤしていますよね。



これは髪のなかの脂質が、

自然に表面へのびて髪を整えてくれるからです。


この自然の力が、10歳をピークに減少していくのです。




簡単に説明すると


 1 髪を覆っている脂質が減少する
   ↓
 2 覆っているものが減って 
   中の栄養(タンパク質)が抜けやすくなる。
   ↓
 3 キューティクルも傷みやすくなる。
   ↓
 4 髪が水を弾かなくなり、水分を吸う。
   ↓
 5 乾かすとシワになり ツヤがなくなる。


と  こんな具合に髪に変化が起こります。



そうなると、パサパサ、広がりやすくなる

まとまらないなどの悩みも出てきます。





そうならないために

トリートメント 


人工的に脂質の代わりになってくれます。



次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸